2017年7月1日

石の祈念堂「建築雑誌」7月号掲載のお知らせ

日本建築学会が発行する「建築雑誌」7月号に建築家相田武文氏との対談が掲載されています。

建築は記念するという特集の一つ「祈りの空間について-硫黄島/東京/石巻」というテーマで建築における祈りの空間について対談を行いました。

相田武文氏が設計を行った太平洋戦争への祈りの空間である「東京都戦没者霊苑」「硫黄島鎮魂の丘」と、東日本大震災の祈りのための空間である「石の祈念堂」を中心に問題意識や空間性について多角的に話を交わしました。

また相田武文氏の「東京都戦没者霊苑」にも見学へ行き、設計意図をお話して頂くことと共に、30年近くの年月の経った建築を取り巻く環境の変化についても体験することができました。

世代を超えた祈りと建築の対談であることから、建築に関わる方々以外の幅広い人々にも目を通して頂けると幸いです。

 

≫石の祈念堂の作品集はこちらをご覧ください。

≫建築築雑誌(PDFファイル)

2017年6月28日

南阿佐ヶ谷の家/おおきい小さな家「東京建築賞 」優秀賞受賞のお知らせ

「南阿佐ヶ谷の家/おおきい小さな家」が一般社団法人東京都建築士事務所協会第43回東京建築賞の戸建住宅部門で優秀賞を頂きました。

この住宅は「周囲との緩やかなつながりと調和」をテーマとした80㎡程度のいわゆる狭小住宅です。

建築と住まい手の周囲との関係性について、都市住宅の新しい時代に入ったこと感じさせるという選考評を選考委員である渡辺真理氏に頂いております。

以下の選考評をぜひご覧下さい。

 

第43回東京建築賞入選発表

http://coretokyoweb.jp/?page=article&id=373

 

第43回東京建築賞入選作品選考評

http://coretokyoweb.jp/?page=article&id=375

 

≫南阿佐ヶ谷の家/おおきい小さな家の作品集はこちらをご覧ください。

2017年5月1日

下高井戸の家 竣工のお知らせ

東京都世田谷区下高井戸に建つ集合住宅の1ユニットをリノベーションしたプロジェクト「下高井戸のいえ」が竣工しました。

室内全体が連続した一つの空間と感じられる一方で、部分的なレベル差や家具の配置によって活動の島が緩やかに現われることを想定しています。

また経年変化が楽しめる素材を利用していることと合わせて、今後住み手によって徐々に変化していく空間です。

 

≫下高井戸の家の作品集はこちらをご覧ください。

2017年4月1日

第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展の帰国展開催のお知らせ

第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展に日本建築設計学会として小引寛也+石川典貴が出展していましたが、このたび帰国展を大阪で開催する運びとなりました。

展示期間は2017年4月13日(木)-4月19日(水)、会場は「ASJ UMEDA CELL (大阪・梅田阪急ビルオフィスタワー24F)」になります。

テーマは「いま、そこにある、住まいの風景」ということで、「南阿佐ヶ谷の家」(出口亮との共同設計)の1/20、1/100、1/500の3つのスケールモデルを展示します。

建築家10組での出展となっております。

 

またあわせて開催されるギャラリートークでは森田一弥氏、光嶋裕介氏と小引寛也、石川典貴が「10の住宅をめぐる時間と言葉」というテーマで対談する予定です。

大阪駅前すぐの場所で開催されるので、皆様お誘いの上ぜひご聴講頂けたらと思います。

 

日本建築設計学会に特設サイトも併せてご覧下さい。

http://www.adan.or.jp/news/event/1524

 

 

≫南阿佐ヶ谷の家/おおきい小さな家の作品集はこちらをご覧ください。

 

2016年11月4日

石の祈念堂「Taipei International Design Award 2016 銀賞」受賞のお知らせ

宮城県石巻市に建つ「石の祈念堂」が「Taipei International Design Award 2016」の公共空間設計部門において銀賞を受賞致しました。

 

東日本大震災における人々や地域に対する広い祈念の場という考えと、その地域でしかありえないヴァナキュラーな建築が日本だけでなく海外においても理解して頂けたことは、大きいのではないかと思います。

 

また震災後5年以上が経過する中で”いつまでも震災を伝えていく”という未来へと続くテーマを我々建築家を含め常に考え続けることの重要さを改めて感じます。

 

以下Taipei International Design Awardの受賞ページです。

 

taipei

 

 

 

 

>>「石の祈念堂」はこちら

 

2016年10月28日

石の祈念堂「2016年度 日本建築家協会優秀建築選(100選)」入選のお知らせ 

宮城県石巻市に建つ「石の祈念堂」が「2016年度 日本建築家協会優秀建築選(100選)」に選ばれました。

この石の祈念堂は、東日本大震災への建築家としての関わり方を模索しつづけた一つの結実です。

我々の今後の活動の礎になっていく建築ではないかと考えています。

 

 

また多くの人からの共感と協力を頂くことで完成することができた建築でもあり、この場を借りて皆様へ御礼を申し上げます。

 

日本建築家協会(JIA)が発行する「JIA建築年鑑2016」に掲載予定です。

 

 

>>「石の祈念堂」はこちら

2016年10月3日

法人化のお知らせ

「小石川建築/小石川土木」は小引寛也と石川典貴によって2011年11月1日に設立され、様々なプロジェクトに関わらせて頂きましたが、このたび業務の拡充発展に伴い(を願い)法人化をするに至りました。

 

新組織は「株式会社小石川建築ノ小石川土木」という名称とし、これまで以上に皆様のご期待に添うべくますますの努力をしていく所存です。

なお住所を含め連絡先等は変更ありません。

 

今後ともお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

 

〒106-0045
東京都港区麻布十番3-10-12-403
株式会社 小石川建築ノ小石川土木
(かぶしきがいしゃ こいしかわけんちく こいしかわどぼく)
代表取締役 小引寛也
代表取締役 石川典貴
tel: 03-6435-2781
fax: 03-6435-2782
mail: info@ko-ishikawa.com

2016年8月1日

南阿佐ヶ谷の家/おおきい小さな家竣工のお知らせ

南阿佐ヶ谷に「南阿佐ヶ谷の家/おおきい小さな家」という80㎡ほどの住宅が竣工致しました。

住宅地にある小さな敷地に、「にわ」と呼ぶ3つのスペースと高さの異なるボリュームを集合させた小さな家ながらおおきい広がりを感じられる住宅です。

 

住宅地における地域コミュニティーを形成していく「にわ」の存在と大きさと余裕を感じられる空間の実現が、東京の住宅地における住み方や生き方を含めた提案をしています。

 

この建築の3つのスケールモデルを現在開催中の「第15回ヴェネチアビエンナーレ国際建築展」に出展していますのでそちらもご覧ください。

 

>>「南阿佐ヶ谷の家」はこちら

2016年8月1日

香雅堂 竣工のお知らせ

麻布十番にあるお香の専門店である「香雅堂」を改修致しました。

 

40年程前に建築された5階建ての1,2階の一部分の改修でしたが、元々あるものを活かしながらも現在の状況に適応できるように設計しました。

基本的に新たに手を加えた部分は、ガラスと和紙で作った垂直面によって表スペースと裏スペースの分割を行ったところです。

その他では、今後40年使い続けられる様に既存状況を微修正又は整理することによって空間の質をがらっと変えることを心掛けまています。

 

>>「香雅堂」はこちら 

2016年7月9日

「East Gathering台湾2016」参加のお知らせ

台湾の台北で行われた「East Gathering台湾2016」でヤングスピーカーとしてプレゼンを行いました。
主に「石の祈念堂」と「もくもく子ども園」についてのお話させて頂きました。
海外でのプレゼンの機会は初めてでありましたが、日本の現在抱える問題と合わせて素材の使い方にも興味を持って頂けた様です。

 

 

プレゼン写真

 

2016_POSTER